2月の活動の様子です。
2月1日(金)に豆まきを行いました。1月6日から寒に入り、それから4週間、2月4日で寒が明けて立春。保育園では、一足早く、1日に節分の豆まきをしました。
会では最初に先生から節分のことや豆まきのお話がありました。お話の中では、鬼が嫌いな「ヒイラギ」と「イワシの頭」を子どもたちに見せていました。
それから、子どもたちが製作した鬼のお面の紹介や、自分の追い出したい鬼(寝ぼすけ鬼、泣き虫鬼)などの紹介がありました。
そして、豆まきに必要な人?は、なんといっても「鬼は~外、福は~内」の鬼さんです。今年も赤鬼さん、青鬼さんが保育園に駆けつけてくれました。
小さいクラスの子どもたちは、恐る恐る鬼に向かって「おには~外、ふくは~内」と言いながら豆まきをしてました。その後は、豆の試食もしたり、給食と3時のおやつでは鬼さんをモリモリ食べていました。

2月の活動の様子 2月の活動の様子 2月の活動の様子 2月の活動の様子2月の活動の様子 2月の活動の様子 2月の活動の様子

2月7日(木)には、2月の豆まきの豆にちなんで、たんぽぽさんが豆腐作りをしました。今年お散歩畑に植えた枝豆は大豊作。そこで今年は枝豆から大豆にして、豆腐を作りに挑戦しました。
大豆は11月に枝豆の鞘(さや)から取っていました。

2月の活動の様子

豆腐作りは、
①大豆を一晩うるかす(水に浸す)
②ミキサーにかけて粉砕し大豆汁にする
③大豆汁を煮込む
④煮込んだ大豆汁を布・ザルでこし、おからと豆乳に分ける
⑤豆乳を再度加熱し、80℃になったらにがりを入れ15分待つ(豆乳が固まってくる)
⑥固まってきた豆乳を布を敷いた豆腐箱に流し込み布で包む
⑦約15分後、箱から布に包んだまま豆腐を取り出す
⑧水に浸けて完成です

豆腐作りは、給食の先生が子どもたちに手順を教えながら、一緒に作っていきました。出来上がった豆腐は、給食の時にいただき、子どもたちからは「本当の豆腐?みたいにおいしい」と言って食べていました。(おからも調理してもらって、みんなでいただきました)

2月の活動の様子 2月の活動の様子 2月の活動の様子 2月の活動の様子 2月の活動の様子2月の活動の様子2月の活動の様子